万葉式役術 — 私の仕様を確認してきました

ちょっと前になりますが、6月下旬に万葉式役術の鑑定を受けました。

土肥千明の色役

鑑定士はmeguさん。

meguさんと知り合ってから、ずっと受けたかったんだけど、子どもが熱を出し~の、日程の都合がつかない~ので、半年ごしの念願の鑑定でした。
まぁ、そういうタイミングだったのでしょう、きっと。

万葉式役術って?

meguさんのブログより。

万葉色役術とは|万葉色役術 @福岡 megu

占いではありません。
全て説明が出来る事で導きだしてます。

どこで生まれたのか
によって体質や食べ物が異なるように

いつ生まれたのか
によって色と役割が異なるという論理体系を携えており
生年月日からあなたに相応しい色と役割を導き出します。

私の色と役割

実際の表は、いろいろ書き込みすぎて恥ずかしいので、主な部分だけ文字に起こしますね。

本柱:月(紺・藍)

従柱:闇(黒、濃いグレー)
主色も闇。神秘の人。

支柱:黄金(金色・光沢色)

補柱:土(茶・ベージュ)
伴柱:光(黄・薄い黄色)

本柱が月。好きなことしかできないマニアック脳。

私、月だわ。ほんと月だわ。どこまでも月の脳みそしてるわ。身に染みた。meguさんの解説聞きながら爆笑。

主催のかよ姐から「だって千明ちゃんオタクだもんねw」って暴露されるし。(公表してるからいいんですけどね!!初対面の人いましたけどね!!笑)

好きなことにはとことんのめりこむ。周りの音も聞こえない。
逆に、興味がないことは頭の中に留まらない。スルスルと抜けていく。(たぶん、我が家の長男も月持ってるんじゃないかなー…こういうとこほんとに私にそっくり…)

月って絶対半分しか光が当たらないもんね。仕方ない。
ゴミ出しの日すぐ忘れるけど仕方ない。洗濯物干し忘れるのも仕方ない。関心がない。

あとは、周期的なんだとか。気分や体調にムラがあるんだけど、もしかしたら一定の周期があるのかも知れない…?
ちょっと記録取ってみようかな。

従柱が闇。全体を把握していたい人。

これ、めっちゃ自覚してまして。
全体像が掴めていないと、すっごくモヤモヤするの!!
物理的な現在地ももちろんだけど、話の流れとか、残り時間があとどのくらいとか、物事の到達点と現在点とか。

だから、行き先を告げられないまま連れまわされるの、苦痛で仕方ないw
私を喜ばせようとオットが仕掛けたサプライズで、夫婦げんかに発展するぐらいにはwww

つねに現在地を確認しているから、パソコンでウインドウをたくさん開いても、だいたい全部把握してる。
パソコンのデスクトップは絶対散らからないマン。
部屋も散らかっても、何がどこにあるか把握してる。(だから片付けた~~~い!!!って思わないと片づけないw)

だーいぶ前に、「私は全体を把握していたい人だ」という話をしたら、友人から「だから説明が分かりやすいんだね~!」って太鼓判をいただいたのよね。
やっぱりそういうことなのか。これを活かすべく、もっとセミナーや勉強会に力を入れていこうと思う所存。

で、それと『神秘の人』がどう繋がるんだろうw全体を見ている人って神秘的?なのか??

支柱が黄金。存在感。

黄金に限らず、金属全般だそう。

磁力があるから、引き寄せるものと跳ね除けるものが明確。
好きな人しか寄ってこない。

存在感のあるタイプのリーダー。

ここは、あまり自覚なかったな。人から言われたことはあるけど。

補柱が土で、伴柱が光

私自身は持っていない役だけど、足すとうまく回るよ、ってことらしい。
私は土と光を足すとうまく回るんですって。
黄金は土からとれるし、月は光が当たることで輝く。
黄金も、光が当たると輝くね。

という訳で、土と光の人大募集w

そういや、母から、ずーーーーっと「パソコン使う仕事してるから、逆に土を触ったほうがいいよ。」って言われ続けているんだよね。

ごめん、全然興味わかない(´・ω・`)
代わりにお母さんが作った土付きの野菜ください。

私の名前がすごすぎた

万葉色役術からみた、私の名前がすごすぎた。

土肥千明。どひちあき。

まず、土。トップに土がきた。
結婚して姓が変わって得したってことかなw

あと、月がふたつ入ってる。
肥と明。右と左、両方。

明って、つまり光。

ここまでで出てきていない「千」の字は、ひいおばあちゃんからいただいたものなので、もしかしたら「借り物」なのかも。
もしもあの世や魂が本当にあるのなら、人生を全うし終えたとき、ひいおばあちゃんにお返しするのかもなぁ。わからないけれど。

とにかく、この名前をくれた両親と、(当初は「のぞみちゃん」になる予定だったけど、姓名判断か何かで変更になったんだってよ!)私をとっ捕まえてくれたオットに感謝ですね。

実生活にちょっと活かしてみました

月と闇は説明を聞いてすごーく納得いったのですが、黄金に関しては「ふーん、そうなんだ?まぁ、言われてみれば…?」といった感じ。
あまり活かしきれていないのかもしれない。

という訳で、物は試し。金色を投入してみました。

しかもこれ、900円(税別)が、サマーセールで20%オフ、なんと777円でした。縁起よすぎ。

万葉色役術を受けてみて

私のこれまでの人生、ずいぶんと自分の足で歩いてきたようです。
これからも、突っ走ったり立ち止まったりしながら、歩いていくのかも。

めぐさんのお話にあった「『今』を生きることが大事だから、万葉では、未来を言い当てることはしません。これはあくまでも、生き方の提案です。」というのがとても印象的でした。

すべては自分が持っているもの。それを活かすも活かさないもすべて、自分で決められる。

そのスタンス、とてもいいなと思いました。
占いや鑑定といったものに、振り回されて逆に自分を見失ってしまっては、本末転倒だもの。

万葉色役術は、自分の仕様を確認するものではないのかな。

今回受けたのはグループ鑑定だったので、いろいろな方のお話を聞けて面白かったです。
次は個別鑑定お願いしようかな。
その前に、自分で納得いくまで調べつくして、質問事項たっぷり抱えて行きますw

そもそも気になる。なぜ生年月日なの?

生年月日で診断するものって色々あります。
西洋占星術、個性心理学、マヤ暦、数秘…(どれもなんとなくしか知らないw)

そもそも、なんで、生年月日がキーになるんでしょうね。
なんで、計算式が立てられるんでしょう。

占星術は、そのときの天体の位置だけど、なぜそれが、人の性質や運命にかかわってくるのでしょう。

これって、数字の起源をたどるところから始めないといけないのかな。
ピタゴラスのなんちゃらとか、そういう話になってくるのかな。

もしかしたら、こういう鑑定や法則を元に、数字や暦が作られてるとか??

いつか気が向いたら調べてみます。
気になったらとことん調べつくす、頭が月の人w

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です