iPhoneのバックアップの方法とその選び方

こんにちは。千明( @deco_can)です。

FacebookでiPhoneのバックアップのやり方を聞かれたので、解説したいと思います。

こちらの記事に非常に分かりやすく書いてありました。
iPhoneのデータをバックアップする2つの方法。万が一に備えよう! | 毎日17時更新!アプリをおすすめするAppBank

「これ見てやってね!(´∀`)」だけではあんまりなので、補足を。

iCloudとiTunes、どちらでバックアップを取るべき?

iCloudとiTunesの2通りのバックアップ方法が紹介されていますが、一体どちらがいいのか。
両方同時にはできないので、慎重に選びたいところ。

まず前提として、iTunesでバックアップを取るには、パソコンにあらかじめ iTunesをインストールしておく必要があります。
つまり、パソコンを持っていない人はiTunesでのバックアップは使えません。

iCloudとiTunes、どちらがいいのかは目的によります。

  • どうしても消えたら困るデータだけバックアップできればいい…iCloud
  • 丸っと全部バックアップしたい!…iTunes

もっと噛み砕くと

  • 普段のバックアップをしたい…iCloud
  • iPhoneが壊れたとき、壊れる前と全く同じ状態にしたい…iTunes

私が以前、バックアップを取らずにiOSのアップグレードをして、通話ができない不具合を起こしたことがありました。
3か月前にパソコンのiTunesでバックアップを取っていたので、そのデータを元に復旧はできたのですが、その間のデータは闇の彼方へ。

以上を踏まえると、これだけは言えます。
iOSのアップグレードをする前に、iTunesでバックアップを取るべし。

写真だけはリアルタイムでバックアップ

iTunesでバックアップを取るとしたら、そうしょっちゅうはできない(めんどくさくてしない)と思います。
でも、写真だけはこまめにバックアップ取っておきたいという方も多いのでは。
写真をバックアップできるアプリは色々あります。
いくつか紹介しますね。
(いずれも、使用するにあたり無料の会員登録が必要です。)

Dropbox

オンラインストレージの代表格。
インターネット上にデータを保存できるサービスです。
写真に限らずあらゆるデータを保存できます。

Dropbox
無料
(2015.04.15時点)
posted with ポチレバ

もし、これからDropboxに登録する方は、こちらのリンクから登録すると、保存容量があなたに500MB、私に125MBプレゼントされるので、もしよろしければどうぞ。
https://db.tt/OTvrvrJD

Dropboxで写真のバックアップを使うなら、専用アプリがあるのでこちらも合わせて入れておきましょう。

Carousel by Dropbox
無料
(2015.04.15時点)
posted with ポチレバ

Yahoo!かんたんバックアップ

Yahoo! Japanのアカウント(Yahoo!メールのアドレスなど)をすでに持っている方は新たな登録は不要なので手軽に始められますね。
なんと、連絡先のバックアップまでできます!

バックアップは大事

機械はいつか壊れるもの。
過信はせずに、バックアップを取るようにすると安心ですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です